お金を貯めるにはコツがある。

お金を貯めたいなと漠然と思うだけではお金は中々貯まらないです。意識してしっかり貯金して結果を残すために
拙いながら私の体験からお金を貯める方法をまとめたいと思います。

貯金をすることが目標だと続きません

まず、年間の貯蓄の額をはっきりと目標額として
掲げることからスタートです。年収が500万円以上の人であれば100万円の目標を立てねばなりません。仮に年収
500万円として、税金や、社会保障費に25%取られたとして残り375万円。そこから100万円
貯金すると残り275万円。その275万円で1年間暮らさねばなりませんから、12か月で割ると229千円で1か月を
生活することになります。

買い物はキャッシングなどではなくためたお金で

貯蓄の方法としては確実に月々給与天引きで否も応もなく貯める体制にすることです。
財形貯蓄制度があれば必ず入って下さい。私は月に2万円財形貯蓄に回しました。持ち株会の積み立てがあれば
加入して下さい。これも月2万円。キャッシングやカードローンを利用してはいけません。借金をしなければ
買えないもの、出来ない遊びは我慢することです。キャッシングやカードローンはとんでもない金利が付いて
とても損です。お金を貯めることを目標にする人は絶対に利用しては駄目です。リボ払いも駄目です。金利が高すぎ
ます。そうした物は自分には縁の無い他所の世界の事と思ってください。投資信託や株式を積み立てで買うのも良いです。
投資信託は月々1000円と少ない金額からの積み立ても出来ます。株や投資信託は値上がり益や配当も期待できます。
自分が勤める会社の持株会は、掛け金に奨励金をくれたり、長い投資生活の中で無償増資で、株をタダでくれたり、
また上場を果たしたり、2部から1部へ昇格したりとなると大きく値が上がることも考えられます。私は持株会に入って
毎月2万円自社の株を買いましたが奨励金として2千円が出て毎月2万2千円ずつ株が買えました。また幸い京都市場に
上場していた会社の株は大証の2部、2部から1部、そして東証の1部へと昇格して初めて勝ったころの株は330円
だったものが最高値4900円まで値上がりしました。私は売り時を失敗して2000円で売りました。いつの間にか
8000株になっていて1600万円になり家のローンの頭金にしました。純金積み立ても良いです。お金だけで持っていると
インフレになったときに資産が目減りするリスクがあります。田中貴金属などで月々3000円とか1万円とかできます。
ちなみに消費税が5%値上がりすれば金価格は5%値上がりしたと同じになりますので消費税の値上げの対策にもなり
ます。貯金は月々確実に貯めること。そういう環境を作ってしまう事。年間の貯蓄目標額を決める。金利を負担して
買い物はしない。買いたいものは借金でなく、貯めてから買う。さあ、明日からしっかり貯めましょう。