子供が生まれて節約を始め、それによって感じたこと

私はある対人援助関係の専門職をしていて、450万円前後の年収を得ています。独身だった頃や結婚した手で共働きの頃はこの年収でも全く問題はありませんでした。しかし子供が生まれることになり、妻が働けない上、子供の養育費も賄わなければならない状況となってしまい家計が苦しくなってしまいました。実際に子供が生まれて何カ月かは赤字の状況が続きました。その中でさすがにこのままの状態で過ごして行くことはできないと判断し、全体的な生活水準の見直しや節約をし始めました。一時的な問題ではないためキャッシングやカードローンなどの利用は視野には入れませんでした。現在もこのような状況は続いていますが、赤字の状況から転じて少しずつ貯金ができるようになってきています。現在は溜めたお金を使って一戸建ての家を建てようと計画しています。今のところ100万円程度の貯金ができたので、この調子で貯金を増やしながら家の頭金にしたいと思います。

公共料金は節約+クレジットカード払い

私達はまず水道代の節約のために蛇口の元栓を閉めるようにしました。またシャワーを浴びる時や洗いものをする時に水を出しっぱなしにすることはやめました。子供が生まれてから、沐浴によって水道代が跳ね上がりましたが、節水によって子供が生まれる前の頃の水道料金よりも低い料金に抑えることができるようになりました。また使っているクレジットカードをより還元率の高いものに変えました。更に公共料金等クレジットカードで支払えるものは全てクレジットカードで支払うようにしました。これによって年に数万円程度ではありますが、出費を抑えられるようになりました。更に夫婦でそれぞれ一台ずつ持っていたスマホを解約し、それぞれのガラケーとWimax回線とタブレット端末に変えました。これによって月々の携帯電話料金が5000円以上減ることになりました。

副業もはじめ、お金を大事にするようになった

さらに個人のお小遣いの額としてこれまで合計5万円ほど使っていたものを、二人で1万円程度まで抑えました。自由に使えていたお金がなくなったことでかなり気持ちの余裕がなくなってしまいましたが、その分はそれぞれインターネットによる副業などを通して収入を得るようにしました。お金が欲しければ余分に働く必要が出てきてしまいましたが、それによってお金の無駄遣いも減りました。頑張って溜めたお金なので、浪費をしようという気持ちが全く起きなくなったのです。このような様々な取り組みを通して、確かにストレスも溜まりましたが、赤字から一転貯金ができる状況にまで変化することができました。お金や時間のありがたみに改めて目を向ける機会ともなりましたし、良いきっかけだったと思っています。